gotop

  • 育児教育心理サポート研究所とは
  • 発達個別指導について
  • 料金・アクセス
  • スタッフ紹介
  • 講演会等新着情報
育児教育心理サポート研究所とは

育児教育心理サポート研究所 HOME > 育児教育心理サポート研究所とは

育児教育心理サポート研究所は、乳幼児から高校生までのお子様、その保護者様、支援者様をサポートする相談室・研究所です。子ども達の心の発達に応じて、経験豊富なスタッフが対応いたしますので、安心してご相談ください。

こんなとき、ご相談ください

ご両親など保護者様の不安
  • 子どもの心の発達や学習の問題について心配なことがある
    (言葉や運動の発達が気になる、他の人とコミュニケーションできない、癖やこだわりがある、親や先生が言ったことをすぐ忘れてしまう、ある教科に限って習得がとてもむずかしい)
  • 子どもの様子がいつもと違う
    (いじめ? 不登校になるの?)
  • 子どもへの対応方法が分からない
  • 親子関係の悩み
  • 子育ての不安や心配、ストレスがある
支援者様の不安
  • 不登校の子どもへの対処法が難しい
  • 保護者への助言の仕方を知りたい
  • 担当している子どもへの適切な対応方法が分からない
  • 支援者として、心の発達や育児教育を理論的に深く学びたい
  • 支援者様本人のストレス・傷つき
不安を抱えたままにせず、まずはご相談ください
子どもを育てていると、どうしても分からず心配になること、不安になることがあります。
たとえば、言葉や体・心の発達がほかの子より遅れているのではないか、落ち着きがない、
集中力が続かない、お友達とうまく関わることができない、文章の読み取りができない、
作文を書くのが苦手、もしかしたら発達障害ではないか?など、心配は尽きません。

そのほか、親などにくっついて離れない、夜眠れない、夜尿が続く、
学校に行きたがらないなど、いつもと少し様子が変わっただけでもどうすれば
いいのか分からなくなることもあります。
また、教育や支援を行う方も「これが正しい対応なのか?」と不安になることが
あるかもしれません。

そんな皆さまを、専門スタッフがサポートいたします。
親は初めから親ではありません。子ども達とともに学びながら親になるのです。
私たちがサポートいたしますので、一緒に子ども達の健やかな成長を見守りましょう。

子ども達の心の発達と、保護者様・支援者様を支えます

育児教育心理サポート研究所では、子ども達の心の発達を助け、 ご相談者様が感じておられる問題や不安、課題などを解決へと導くサポートをしております。

さまざまな不安や問題、課題に対して、
じっくりと耳を傾け、不安やお悩みを受けとめます。
その中で、解決方法をうまく見つけていきましょう。
また、必要がある場合は、心理検査・発達検査を行い、
対応の仕方を具体的に助言することも可能です。
もちろん、検査を行う前に、どのような検査が適切かを慎重に検討し、提案いたします。
そして、検査結果をカウンセリング・心理療法、発達個別指導、コンサルテーションに生かします。

このような方から心理検査・発達検査の依頼を受けています

  • 子どもと自分の性格や、考え方の傾向を把握したい
  • 子どもや自分は、どうして人とうまく関わることができないのか知りたい
  • 子どもの心の発達具合を知りたい
  • 学校生活や社会生活をうまく送れない原因がどこにあるのか知りたい

お子様やご自身について、客観的な指標をもとに知りたいと思われる方が検査をご依頼になります。もちろん、プライバシーに配慮して個別に検査いたします。情報が外部へ漏れることはありませんので、ご安心ください。

学習障害・ADHD・自閉スペクトラム症(※1)など心の発達が気になるお子様も安心

「子どもの心の状態は分かっているけれど、自分の対応が適切なのか不安がある」という方も、安心してご相談ください。
当研究所に所属しているスペシャリスト指導者(※2)が、マンツーマンで個別指導いたします。

(※1)自閉スペクトラム症について
自閉症の特性を示す発達障害の総称です。
自閉症、アスペルガー症候群、特定不能の広汎性発達障害を、境界のあいまいな連続した一つの障害としてとらえたもの。
(※2)スペシャリスト指導者について
発達検査および結果分析に堪能であり、1人ひとりの認知特性や心の発達具合にぴったりの教材と指導法を考えます。
小学校1年生から6年生までの全教科の学習系統図が頭に入っており、教え方のバリエーションも豊富。
全学年を担任するなど、豊かな小学校教諭歴があります。
発達療育に明るい臨床心理士として、多くの発達障害のお子様に実施した経験を活かし、お子様にぴったりの方法で学習指導を行い、行動問題に応じたソーシャルスキルトレーニング(SST)を実施するため、楽しく取り組んでいただけます。学習が軌道に乗ってきたら、幼稚園や小学校の先生方に見に来ていただくことも可能です。また、ご希望があれば、園や学校にお子様の現状などを説明いたします。適切な家庭学習資料をお渡しし、方法をていねいに説明させていただきます。

オアシススペースについて

学習室の隣には、保護者様にゆったりくつろいでいただけるオアシススペースがあります。
お子様の学習の様子を見守ることができます。また、オアシススペースのみのご利用も可能です。

  • 写真
  • 写真
  • 写真

※画像をクリックすると拡大表示されます。

オアシススペースのご利用について
上の写真はオアシススペースの一部です。広々としたスペースのため、応接セットに加えて、長机4台・パイプ椅子16脚をセッティングして使用可能です。湯茶セットとラジカセ、液晶プロジェクターも完備しております。

■こんな風にご利用いただけます―――

  • ・保護者様のほっこりタイム
  • ・ママ友のグループ活動
  • ・先生や保育士など支援者様の交流会

  • ・ワークショップ開催
  • ・クローズの研修会
  • ・グループでスーパーヴァイズを受ける

事業内容紹介

事業内容
◆発達個別指導室“オアシス”
◆発達相談
◆子どもカウンセリング・プレイ
◆保護者カウンセリング
◆支援者コンサルテーション
◆支援者カウンセリング
◆心理検査・発達検査
お電話にてお申し込みください。
お申し込み方法についてはこちらをご確認ください。
◆講演会・ワークショップ開催
◆オアシススペース提供
お電話・メール・FAX など指定の方法でお申し込みください。
育児教育心理サポート研究所 お子様の発達・学習障害・不登校その他にお悩みの保護者様、支援者様まずはご相談ください。TEL.0797-25-0125 (TEL受付時間:9:00〜17:00)

お問い合わせ